お役立ち情報

catch-img

倉庫管理を最適化させる3つのコツと在庫管理との違い

企業が所有している倉庫内では、在庫の保管や入出庫などさまざまな業務を行います。製品によっては管理・運用方法が異なるケースもあり、「倉庫内の業務が複雑になっている」「一つひとつの業務に時間がかかりすぎている」といった課題を抱えている企業さまも多いのではないでしょうか。

倉庫内の課題を解決するためには、現場に応じた適切な倉庫管理を行う必要があります。また、倉庫管理とよく似た“在庫管理”との違いも、押さえておきたいポイントです。

本記事では、倉庫管理の基礎知識から在庫管理との違い、倉庫管理にかかる業務を効率化するためのコツを紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.倉庫管理とは
  2. 2.倉庫管理と在庫管理の違い
  3. 3.倉庫管理を最適化する3つのコツ
    1. 3.1.1. 倉庫内のレイアウトや動線を見直す
    2. 3.2.2. 適切なロケーション管理を行う
      1. 3.2.1.固定ロケーション管理
      2. 3.2.2.フリーロケーション管理
    3. 3.3.3. 倉庫管理システムを活用する
  4. 4.効率的な倉庫管理には『TS-BASE』
  5. 5.まとめ


倉庫管理とは

倉庫管理とは、一般的に倉庫内の業務全般における管理を指します。具体的な業務内容は、荷卸やピッキング、梱包といった作業です。


▼入庫時の業務例

  • 荷卸
  • 入庫伝票の照合
  • 製品の検品・仕分け

 

▼出庫の業務例

  • ピッキング
  • 検品
  • 梱包
  • 出庫伝票の照合


倉庫管理には業務例以外にも、業務を遂行するための人員配置や倉庫内の設備管理、製品の情報管理などのマネジメント業務も含まれています。



倉庫管理と在庫管理の違い

倉庫管理とともによく聞く言葉として在庫管理が挙げられますが、この2つは区別して使われることが多いです。


倉庫管理

先述したように倉庫管理は倉庫内の業務全般のことを指します。そこには製品や資材の管理、人員配置なども含まれます。


在庫管理

一方、在庫管理は企業が抱えている製品の在庫数、在庫の位置などを管理します。

ほかにも入荷、出庫情報、適切な在庫量を維持する目的があります。製品を適切に管理することによって、売り上げの向上やコストの最適化を図ります。


参考記事:▶在庫管理とは? 課題解決と業務効率化を同時に実現する方法

  在庫管理とは? 課題解決と業務効率化を同時に実現する方法 | TS-BASE - 受発注管理・在庫管理システム 在庫管理は、企業の売り上げ向上やコスト最適化のために重要な業務の一つです。しかし、「紙やExcelでの管理に手間がかかる」「処理漏れが起こりやすい」など、手作業で行う在庫管理業務に課題や悩みを抱える企業は少なくありません。この記事では在庫管理で発生しやすい4つの課題を踏まえて、在庫管理の業務内容や業務を効率化するための方法を解説します。 TS-BASE - 受発注管理・在庫管理システム



倉庫管理を最適化する3つのコツ

倉庫管理作業といっても、人手で行う業務もあれば、設備を用いた機械的な業務もあります。

そういった倉庫管理業務を無駄なく最適化させるには3つのコツを知っておく必要があります。


1. 倉庫内のレイアウトや動線を見直す

効率のよい倉庫管理には、倉庫内の環境を整えることが大切です。入庫や出庫をスムーズに行えるよう、レイアウトを工夫しましょう。

具体的には荷卸と検品エリアの動線を短縮したり、出荷頻度の高い製品を出荷口近くに保管したりといった方法があります。搬入や荷卸、検品などの作業動線を見直すことにより、移動距離の縮小や時間短縮にもつながります。また、倉庫内を整理するだけでも混雑や業務上の事故の防止に有効です。


2. 適切なロケーション管理を行う

ロケーション管理とは、在庫を保管する場所の管理を指します。

一般的な在庫保管方法には、固定ロケーション管理とフリーロケーション管理の2つがあります。製品や倉庫の規模に合わせて適切な方法を採用することで、作業の効率化が期待できます。


固定ロケーション管理

固定ロケーションは、製品ごとに保管する場所を固定する管理方法です。

一度、製品とその保管場所を覚えてしまえば、どの製品がどこにあるのかがすぐに分かるだけでなく、欠品に気づきやすいことがメリットとして挙げられます。

ただし、保管場所が空いていたとしても、決められた製品以外は置けないため、柔軟性に欠けるといったデメリットもあります。その性質から流動性が低い製品の保管に向いているといわれています。


フリーロケーション管理

フリーロケーションは、製品種類に関係なく、空いているスペースで製品を保管する管理方法です。空いたスペースを有効活用できるため、より多くの製品を保管できるのがメリットとして挙げられます。

ただし、製品の場所が流動的に変わるため、必要な製品がどこにあるのかを探すのに手間がかかることがデメリットです。

固定ロケーションとフリーロケーションは、どちらか一方である必要はありません。倉庫内で扱う製品によっては両管理方法を採用して運用するケースも珍しくありません。


3. 倉庫管理システムを活用する

倉庫管理システムとは、倉庫内の情報を管理するためのシステムです。WMS(Warehouse Management System:ウェアハウス マネジメント システム)と呼ばれることもあります。

倉庫管理システムを活用することで、倉庫内の保管場所や入出荷状況、在庫状況などを管理できます。現場の作業工程や手順が標準化されるため、作業効率をアップさせることが可能です。

ただし、場合によっては、倉庫管理システムの機能だけでは行き届かず、在庫管理システムや配送管理システムをそれぞれ個別で導入するというケースもあります。

複数のシステムを扱うことにより、却って管理が煩雑になることも考えられるため、自社の業務を一元管理できるシステムを選ぶという視点も大切です。



効率的な倉庫管理には『TS-BASE』

TS-BASE』は、BtoBに特化した受発注プラットフォームです。物流拠点向けの倉庫管理システム機能が備わっており、倉庫管理業務の効率化に役立ちます。

受注管理をはじめ、入出庫管理や在庫管理にも対応しており、リアルタイムに倉庫内の在庫状況を把握できます。OCR(文字認識)機能搭載のハンディターミナルを使用することにより、バーコードのない製品でも品番や製品コードなどから照合が可能です。

また、注文サイトとの連携により、データ不備が発生しないという点もメリットです。これにより、遅延や誤出荷などのトラブル防止につながります。倉庫管理システム(WMS)の導入を検討している方は倉庫管理業務の効率化をサポートするTS-BASEをぜひご検討ください。


▶TS-BASE

  TS-BASE - 受発注管理・在庫管理システム TS-BASEはBtoBに特化した受発注管理システムです。商品や備品の受発注を効率化し、在庫管理も実現します。SaaSとしてご提供しますが、カスタマイズにも柔軟に対応しています。 受注・発注から物流・配送に至るまで、業務に必要な機能がしっかりと備わっているため、TS-BASEひとつで受発注・在庫の一元管理が可能に。業務効率化とコスト削減を叶えます。 TS-BASE - 受発注管理・在庫管理システム



まとめ

倉庫管理では、製品の入出庫作業だけでなく、在庫の保管場所や作業動線、人員配置の管理を含む、倉庫内のマネジメントに当たる業務を行います。

そういったマネジメント業務を含めた倉庫管理の効率化を目指す企業さまには、倉庫管理システムの活用がおすすめです。システムの導入により、これまで人手に頼って行っていた在庫台帳への記録や入出庫情報の入力といった業務を効率化できます。

『TS-BASE』は、受注管理・入出庫管理・在庫管理まで、倉庫管理に必要な機能を備えたシステムです。倉庫内の在庫状況をリアルタイムで把握できるため、入出庫作業における各種業務をスムーズに行えます。

倉庫管理の効率化を狙う企業の担当者さまは、TS-BASEの導入を検討してみてはいかがでしょうか。