お役立ち情報

catch-img

受発注システムの主な機能とシステム選定のポイント

電話・FAXによるアナログな受発注業務を効率化できる方法の一つに、受発注システムの活用が挙げられます。自社でも導入を検討しているものの、「自社に合うシステムをどのように選べばよいのか分からない」「機能や選び方がのポイントが分からない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこでこの記事では、受発注システムの主な機能と実現できること、システム選びのポイントについて解説します。

記事を見る

catch-img

受注業務の一般的なフローと改善ポイント

受注業務において「取引先との連絡回数が多い」「在庫確認や承認などのプロセスに時間がかかる」といった課題はないでしょうか。受注フローが非効率になっている状況では、出荷までのリードタイムが長くなり、人的ミスも発生しやすくなってしまいます。一般的な受注業務のフローとともに、改善するためのポイントについて解説します。

記事を見る

catch-img

出荷管理とは? 主な業務内容と効率化するための3つのポイント

顧客からの注文に対して正確に商品を届けるためには、出荷管理を適切に行うことが必要不可欠です。出荷ミスや遅延を防ぐためには、出荷の各プロセスにおいて適切な管理・情報共有を行うことが欠かせません。本記事では、出荷管理の業務内容をはじめ、出荷管理を適切かつ効率的に行うためのポイントについて紹介します。

記事を見る

catch-img

在庫の“見える化”で期待できる効果と方法

在庫管理において「過剰在庫や欠品が発生してしまう」「在庫や入出荷状況の確認に時間がかかる」といった課題をお持ちではないでしょうか。適正な在庫数を管理して効率的な受発注を行う解決策の一つとして、在庫の“見える化”が挙げられます。この記事では、在庫の見える化によって期待できる効果と、実現するための方法について解説します。

記事を見る

catch-img

在庫管理の課題とは? 解決策とTS-BASEによる改善事例

商品や資材などの在庫は企業にとっての大切な資本です。過剰在庫・在庫ロスが発生すると、在庫管理のコスト増加や販売機会の損失につながり、収益に影響を与えてしまいます。安定した経営を実現するには、在庫を適正に管理することが重要です。在庫管理における課題とその解決策、さらに受発注管理システム『TS-BASE』による改善事例を紹介します。

記事を見る