お役立ち情報

catch-img

手作業による煩雑な入力業務を効率化する方法

デジタル技術の発展により、さまざまな企業でペーパーレス化が進んでいます。紙媒体のデータを社内システムに反映させる入力業務には手間がかかるほか、入力漏れや誤入力が発生しやすいリスクがあります。この記事では、煩雑になりやすい入力業務の内容を踏まえて、効率化するための方法について解説します。

記事を見る

catch-img

アナログな受注業務はもう限界? 問題点や改善のためのツールを解説

電話やFAXで受注を行っている現場では、人の手による入力作業・帳票作成などの日々の業務に限界を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に、多拠点ある店舗・支店から受注している本部では納品先ごとに商品の種類・価格などを管理する必要があるため、管理業務が煩雑化しやすいです。この記事では、本部・店舗間における受注の流れとアナログ管理の問題点、解決できるツールについて紹介します。

記事を見る

catch-img

Excel(エクセル)を使った受注管理のメリット・デメリットとポイント

注文内容や出荷状況などの受注管理をExcel(エクセル)で行うことで効率化を図っている企業さまは多いのではないでしょうか。しかし、効率化を目指すうえではいくつか注意事項もあります。受注管理をExcelで行う場合のメリット・デメリット、受注管理のポイントなどを解説します。

記事を見る

catch-img

業務のデジタル化で生産性を向上! アナログ業務から脱却する方法

企業が利益を確保していくには、現場の生産性を向上させることが不可欠といえます。その取り組みの一つに、業務のデジタル化の推進が挙げられます。人の手によるアナログな業務をデジタル化することで、業務の省人化や自動化を図ることが可能です。アナログ業務における課題を踏まえて、デジタル化できる業務とその効果について解説します。

記事を見る

catch-img

注文書の保管期間・方法とは? 電子帳簿保存法改正のポイントも解説

受発注の現場で取り交わされる注文書(発注書)は、法令に基づいて適切に保管する必要があります。2022年1月からは改正電子帳簿保存法が施行されるため、注文書をはじめとする帳簿書類の電子データの保存についても理解を深めておくことが重要です。注文書を保管する期間・方法をはじめ、2022年1月の法改正に向けた電子データ保管のポイントを解説します。

記事を見る