お役立ち情報

catch-img

紙帳票を電子化するメリットとは? 注意点やポイントも解説

電子帳簿保存法の改正により、帳票の電子化が推進されています。しかし、紙帳票による従来の商慣習が根付いている企業では「リモートワーク環境を構築したいが、ペーパーレスへの切り替えが難しい」と感じる担当者さまもいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、紙伝票による課題を踏まえ、電子化のメリットや進め方のポイントなどを解説します。

記事を見る

catch-img

受注コストを削減するポイントとシステム導入によるコスト削減事例

電話やFAXによる受注業務では問合せ対応や書類の郵送作業などに多くのコストが発生します。また、受注ミスや欠品により販売機会を逃せば、売り上げの損失を招くおそれもあります。企業の収益性・生産性の向上を目指すためには、受注業務で発生するコストの削減が必要です。この記事では、電話やFAXによる受注コストの課題と削減のポイント、システム導入の効果を事例とともに紹介します。

記事を見る

catch-img

Web-EDIとは? メリットや導入時の注意点について解説

企業間の受発注取引を効率化できるとされているWeb-EDIは、新しい取引手法として活用が期待されています。電話やFAXなどによる受発注のやり取りが煩雑化している企業さまは、Web-EDIについての知識を深めたうえで導入を検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、Web-EDIの基礎知識や導入メリット、注意点などを解説します。

記事を見る

catch-img

Web-EDIの導入時に重要となる通信プロトコルの種類と特徴

電話やFAXによる煩雑な受発注業務を効率化したい場合に有効といわれるのがWeb-EDIの導入です。インターネット環境が整えば利用できるWeb-EDIは、受発注業務の自動化やペーパーレス化の実現といった多くのメリットを持ちます。本記事ではWeb-EDIで用いられる通信プロトコルの種類と特徴について解説します。

記事を見る

catch-img

製造業・メーカーの生産効率を高める受発注システムのメリットとデメリット

電話やFAXで受発注を行っている工場では、「取引先や仕入れ先とのやり取りが煩雑化している」「在庫確認や出荷指示にタイムロスが発生している」といった課題に直面することもあるのではないでしょうか。これらの課題解決に向けて活用したいのが、受発注システムです。この記事では、システム活用のメリット・デメリットを解説します。

記事を見る