「製造ロット別」在庫管理

\TS-BASE 受発注について詳しく知るなら/

入庫商品の製造ロット別の登録と
出荷・在庫管理を実現

入庫した商品に対して、在庫数を反映する際に製造ロットの登録を行い、管理ができる機能です。

「製造ロット」とは、「同じ条件で製造される製品の製造数量、出荷数量の最小単位」のことで、主に品質管理に使用されます。TS-BASE 受発注の倉庫管理システムでは、ロットごとに出荷の対象となる順番を設定することで、出荷時期や品質の管理に活用できます。
システムから取得できる出荷済データで、出荷した商品のロット番号を確認することもできるため、万が一商品の回収が必要になった場合も、製造ロットを特定することで「どの製品に問題があったのか」を割り出せます。

「製造ロット別」在庫管理の特徴

関連機能

受発注管理のご相談はお気軽に!

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9時~12時・13時~17時
まずはお気軽に
TS-BASE 受発注をお試しください。
受発注業務の効率化システムの便利な
機能や導入事例をご紹介しております。