発注点管理

実在庫数と発注点を比較し
下回ったら自動でアラート通知

発注点管理とは、あらかじめ定めた「発注点」と呼ばれる数値に対し、実際の在庫数が下回った場合にアラートを出す機能です。

発注点を定めることで、在庫が欠品する前に管理者にアラートが通知されます。アラート確認後、「商品の再発注」「増産」「廃番」「改訂」など、次のアクションを定めることで、在庫の欠品リスクを抑えた業務運用が実現されます。担当者のアラート見落としを防ぐために、メールや画面表示など、複数箇所で通知を行う工夫をしています。発注点管理は倉庫システム上でご使用いただける機能で、販売商品・販促物など欠品を防ぐ運用を行いたい企業におすすめです。

発注点管理の特徴

関連機能

受発注管理のご相談はお気軽に!

お電話でのお問い合わせはこちら
平日9時~12時・13時~17時
まずはお気軽に
TS-BASE 受発注をお試しください。
受発注業務の効率化システムの便利な
機能や導入事例をご紹介しております。